マツイのブログ。千葉県印西市の工務店:株式会社マツイ 【新築・注文住宅・リフォーム】 施工エリア:関東全域<東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県> ゼロエネルギーがマツイの標準住宅、建物新基準BELSでも最高性能を維持しています。

TOP > マツイのブログ

マツイのブログ

ビル建設

木造3階建長屋その2

木造3階建て、長屋の気になる室内は・・・

独立したバス・トイレにおしゃれな洗面、

明るいキッチンは、

住み心地にこだわった設計です。

1人暮らしには十分な広さですね。

共用廊下がない為、

戸建のような独立感がありながら、

心地よい安心感もある、

そんな新しい現代長屋です。

ちなみに・・・共同住宅よりさまざまな制約が

ゆるいため、コストが抑えられる長屋ですが、

現場監督さんいわく、

建築にはかなりの労力がかかったそう。

というのも、施工中、隣の部屋に移動するのも

一旦外に出なくてはならないため、

3階から、1階に下りてまた3階に上る

作業の繰り返しだったとのこと。

そんな作業の効率化を図りながら、

現在千葉県で2階建の長屋を

新たに建築中です。

木造3階建長屋完成

東京板橋区に木造3階建長屋住宅が

完成しました!

長屋と聞くと

江戸時代の古い木造平屋建ての、

暗く狭い建物を思い浮かべると思いますが・・・

近年では、2階建て以上が主流となっていて、

現代の暮らしにあった

快適な空間が実現できるのです。

共同住宅との違いは、

長屋には、共用廊下が無く、

それぞれの住戸が直接道路につながること。

建物の1階部分には、1階から3階まで

それぞれの各戸専用の玄関が並びます。

上の階は玄関を開けると

階段が現れます。

共同住宅よりも制約がゆるい長屋は、

建設費用を抑えることが可能。

コストを抑え、付加価値を高めることで

入居率もアップ!

そんな長屋の室内はまた次回。

アパート完成!

都内で建築が進んでおりました2階建て木造アパート、

無事、竣工を迎えました。

敷地面積は147.47㎡という狭小地に

全8戸のアパートになります。

各戸の広さは、およそ10㎡弱。

都心の一人暮らしには、

十分な広さでしょうか。

 

また、こちらのアパートには、坪庭を施工。

狭い室内から、見える植木が

都会の暮らしに疲れた心を

癒してくれそうですね。

 

 

 

工場事務所棟完成!

埼玉県にある某工場の事務所棟が完成いたしました。

お施主様のご要望で、アクセントカラーに取り入れた

赤と黄色がとっても明るい印象です。

1階は検査室。

鉄骨の柱と梁をアクセントカラーの赤にしたことで、

倉庫のような暗いイメージが払拭されています。

2階は、事務室。

床がピッカピカに光っていて、清潔感あふれる事務所になりました。

ここにデスクや事務機器が搬入されます。

 

この真っ赤な階段を登れば、仕事のやる気も漲りそう!

そんな気がしませんか・・・?

 

上野テナントビル竣工

上野で建築中だったテナントビルが

無事竣工いたしました。

テナントビルのため、スケルトンでお引き渡しとなります。

スケルトン??

スケルトンとは建物を支える構造躯体のことで、

建物の壁・柱・天井のみを施工し、

内装・設備がない状態で入居者に引き渡す事を言うそうで・・・

お引き渡し時の内装はこんな感じです↓

テナントには飲食店が入ることがすでに決まってとのこと。

どんなお店が入って、どんな内装になるのでしょうか?

楽しみですね♪

 

 

上野テナントビル◆サッシ工事◆

上野で建設中のテナントビル。

工事用シートにすっぽりと囲まれ、

内装工事が着々と進んでいます。

鉄骨工事の後、ALC外壁工事、

そしてサッシ工事です。

 

ALCって?

高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリートの意味・・・

気泡入りで軽いコンクリートのことですね。

耐火性・耐久性・断熱性・軽量性・遮音性に優れ、

中高層ビルの材に適しています。

 

サッシ取付けは、当社三和エクステリア事業部自慢の

腕利きの職人さんが行っています。

開口部にサッシ枠を取り付け、

開き窓を現場で三連窓に組み上げ、

アーク溶接で取付けるんだそう。

 

サッシ一つとっても、工程がたくさん!

さまざまな工程をそれぞれがきちんとこなすからこそ、

正確な施工ができるのですね。

 

鉄骨工事

上野で建築中のテナントビル、鉄骨工事が完了しました。

上野駅からほど近いこちらの現場、

都心の狭小地にビルが立ち並ぶ地域で、

写真からもビル建設はとても大変と感じる現場です。

鉄骨工事は、前面道路を通行止めにしての夜間工事となりました。

 

隣接する駐車場をお借りして、クレーン車を搬入、

立ち並ぶ周辺ビルに注意を払いながらの

夜間工事となりました。

無事、工事は完了。

鉄骨が完成し、ビルの骨組みがあらわになると・・・

ますます隣のビルとすご~く近い!

さてさて、クレーン車後方から出ている足のような物。

「アウトリガー」と言うそうで、

重機に負荷がかかる時、タイヤでは不安定なため、

作業機を安定させるためのもの。

クレーンの転倒事故を防ぐため

重要な役割を担っているのです。

今後も「安全第一」で、作業を進めてまいります。

上野でテナントビル着工

上野駅にほど近い商業ビルが立ち並ぶ路地の一角で

テナントビルを着工しました!

鉄骨造3階建、飲食店が入る予定のテナントビルです。

古い既存の建物を解体、さらに地盤改良工事を経て、

基礎工事が着工となりました。

びっくりするほど狭い敷地での工事!

間口は4m弱、前面道路も狭いため、

周辺に特に気を配りながらの工事になります。

 

こちらは、根切り工事。

根切り工事とは・・・

基礎や地下構造物を作るため、地盤面より下の土を掘ること。

小さなバックホーがやっと入るほどの敷地に

どんなふうにビルが建っていくのか・・・

詳細に記録されていく工事写真から、

見守っていきたいと思います。

 

鉄骨工事

先日着工した某工場の事務所棟。

鉄骨工事が始まりました。

こちらの事務所、重量鉄骨造ラーメン構造。

 

     ラーメン構造とは・・・?

柱と梁で骨組みをつくり、その接合部を剛接合し、しっかりとつなぐことで

筋交いを不要とした構造のこと。

「ラーメン」はドイツ語で、枠・額縁の意味があるんだそう。

                 ・・・FPS建材関連用語集より

配筋が終わったところでコンクリートを流し込み、

床が完成します。

「墜落・転落災害の防止」を月間安全目標に掲げ、

日々作業を進めています。

工場の事務所棟が着工!

マツイビル部門にて、某工場の事務所棟の新築が着工いたしました。

鉄骨2階建、延べ床面積296.40㎡

敷地内既存建物の隣に建設します。

ビル建設も下準備や基礎工事がとっても重要。

写真はアンカーボルトを取り付ける作業です。

アンカーボルトとは・・・

柱・土台などを据えつけるため、コンクリートの基礎などに埋め込むボルトのことで

建物をつなぐための大切な部材です。

いわば鉄骨工事の要!!

アンカーボルトが上手く働かなければ、

いくら頑丈で最適な基礎を構築しても意味がないというほど

大切な部材なんだそう。

鉄骨造の大きな建物を支えるのも

たくさんの小さな部材たちなのですね・・・。

型枠まで完了!

この後、コンクルートを流しこみ、基礎が完成します。