マツイのブログ。千葉県印西市の工務店:株式会社マツイ 【新築・注文住宅・リフォーム】 施工エリア:関東全域<東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県> ゼロエネルギーがマツイの標準住宅、建物新基準BELSでも最高性能を維持しています。

TOP > マツイのブログ

マツイのブログ

2018年12月

浦安市C様邸~建築の様子④~

C様邸は、外壁も個性的。

こちら、なんと通常屋根材に使用する

ケイミューのスレート屋根材を採用。

屋根材でありながら、外壁材としても木造防火構造認定を

取得したカラーベストシリーズを

「CBウォール工法」で施工します。

CBウォール工法とは、屋根材を外壁材として使う工法のこと。

一枚一枚の重なり部分が大きく、

釘でしっかりと固定する留付け方法のため、

外壁材として使用しても、

雨水の浸入や強風による飛散を最小限に抑えます。

さらに、断熱性はサイディングとほぼ同等。

それでいて重厚な質感に仕上がります。

異なる色を混ぜ合わせることで

豊かな表情を作り出す「シャッフルカラー」

センスあふれる外観が目を引きます。

意匠を凝らした外観。

足場が外れるのが楽しみです。

台東区Y様邸

建て替えのために解体工事を行っていた現場。

新築工事が着工しております。

場所は、東京都台東区。

建物と建物の間の狭小地になります。

 

―基礎工事の様子―

基礎が2段階に立上っているのは・・・

日当たりを確保する為、

スキップフロアを採用したからです。

 

―上棟の様子―

現場が狭いため、レッカーが入ることができず、

全て手作業・手揚げによる上棟です。

両隣の建物ギリギリに足場が設置され、

足場の2階へは、ハシゴ状に組み上げた

足場を昇るんだそう。

上棟飾りを取付け、

無事終了です。

 

建築工事は、どの現場も安全に細心の注意を

払って施工を行いますが、

特に、狭小地では、近隣との関係もとても大事です。

マツイでは、近隣へも配慮して施工していきます。

 

浴室パネルの交換

マツイでは部分的なリフォーム工事も賜っております。

今回は、浴室の剥がれてしまった壁の

補修工事を行いました。

工事前の現況がこちら↓

ダクトの下の部分、

壁が剥がれ落ちてしまっています。

工事開始!

入念に養生をします。

リフォームは養生が肝心。

丁寧な施工の基本ですね。

新しパネルを貼っていきます。

パネルは、今あるタイル部分の

アクセント色と同じブルーを選定。

剥がれてしまっていた部分も、

ダクト下の部分も、

すっかりきれいになりました。

明るくなった浴室。

大変喜んでいただけました。

 

アパート2棟建築中

八千代市にてアパートを2棟建築中です。

こちらが完成予想図

1週間ほどの差で2棟同時に建築中。

上棟の様子。

規模が大きいため、職人さんも大勢います。

屋根の上・・・

夕映えが上棟の無事を

祝福しているようですね。

年内竣工をめざし、

現場スタッフ一丸となって

がんばっております。