マツイのブログ。千葉県印西市の工務店:株式会社マツイ 【新築・注文住宅・リフォーム】 施工エリア:関東全域<東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県> ゼロエネルギーがマツイの標準住宅、建物新基準BELSでも最高性能を維持しています。

TOP > マツイのブログ

マツイのブログ

2019年02月

台東区Y様邸竣工

台東区の狭小地で建築中のY様邸。

めでたく竣工を迎えました。

竣工までの様子を簡単にご紹介します。

 

建築用の足場は、狭小地用を使用します。

30cmほどの幅があれば設置可能だそうですが・・・

足元、やはり狭いですね。

仮設が完成しました。

こちらは、防蟻施工の様子。

マツイでは、人にやさしいホウ素系防蟻剤

「エコボロン」を採用しています。

緑色は、施工箇所を変わりやすくするための染料です。

 

制震装置「J-ダンパー」取付の様子。

メーカーの指示通り取付け、

全て写真に収めます。

 

サッシが入ると、気密測定を行います。

Y様邸の測定結果は・・・

C値=0.3(㎠/㎡)

かなりの高気密性能ですね。

 

こちらは、24時間熱交換型換気システム

「澄家DC」の配管です。

新鮮な空気を取り込み、

汚れた空気を排気するしくみです。

 

なかなか見ることができない基礎内部の様子。

Y様邸は、採光確保のため深基礎になっています。

空間を有効利用する為、梯子を設置、

1階の床下全体が

大きな収納庫になりました。

内部はまた次回、ご紹介します。

 

床下断熱と健康の秘密

1月29日の毎日新聞の記事です。

記事によると・・・

「住宅の床付近の温度が低いと

高血圧や糖尿病で通院する割合が高くなるとの

調査結果を国土交通省が発表した」とあります。

また、部屋間の温度差が大きい住宅では、

血圧が高くなる傾向があることも

判明したんだそう。

 

さらに記事では、

「床下断熱を備えると、健康への影響を

低減できるといえる」

と締めくくっています。

 

「床下断熱」

まさに、長年マツイが提供してきた住宅そのものです。

住む人が健康で快適にそして笑顔で

暮らしていただくために研究を重ねてたどり着いた

「オリジナル外断熱工法」

基礎まで断熱材ですっぽりと覆い、

床下の温度を安定させること。

さらに高気密な住宅性能が

部屋ごとの温度差がない家を実現しました。

それが、健康にいいということが、

この調査結果もをって証明されたのです。

 

マツイの外断熱の家は、

床下を暖める弊社オリジナルの

セントラル暖房システムを採用。

床下から、家全体が暖められるため、

さらに健康住宅と言えますね。

 

ご興味を持たれた方は、是非

お問合せフォーム↓ よりご連絡ください。

お問合せフォーム

 

今後も健康で快適に暮らしていただくため、

自信を持って、マツイの家を

提供してまいりたいと思います。

そして、健康で笑顔あふれるご家族が

ますます増えていくことが

マツイの願いであり、この上ない幸せなのです・・・。

 

K様邸リフォーム工事③

K様邸リフォーム、キッチン編をご紹介します。

キッチンは、壁付けから設置位置を大きく変更して、

対面式キッチンになります。

壁付けの既存キッチン ↓

丁寧に解体して撤去します。

配管・配線の変更も必要、

また床の補強も必須なため、

床も解体します。

ダイニングは、クロスもすべて貼り換えました。

設置完了!!

明るくて清潔感あふれるキッチンに大変身。

収納も格段に増えました。

ダイニングが見渡せる対面式キッチンは、

いいですね!

そして勝手口ドア・・・

ドアの交換と間取りの変更によって

使い勝手よく、甦りました。