マツイのブログ。千葉県印西市の工務店:株式会社マツイ 【新築・注文住宅・リフォーム】 施工エリア:関東全域<東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県> ゼロエネルギーがマツイの標準住宅、建物新基準BELSでも最高性能を維持しています。

TOP > マツイのブログ

マツイのブログ

SUUMO雑誌取材風景

マツイで建築されたお施主様に

住宅雑誌「SUUMO注文住宅千葉で建てる」の

撮影にご協力いただきました。

あいにくの天気予報でしたが、時折晴れ間ものぞき、

外観撮影から始まりました。

立っているだけで汗がにじむような蒸し暑い撮影日。

早速家の中へおじゃまさせていただくと・・・

「なんて涼しい!」

玄関を入るとまるで別世界のような快適さです。

思わずうれしくなりました。

お施主様が取材されているご様子。

今回の撮影の様子は9月発売号

「SUUMO注文住宅千葉で建てる」に掲載されます。

是非、お手に取ってご覧ください。

 

雑誌「セラピスト」

現代に甦るヒルデガルト療法、肩こりを直す手技療法

「セラピスト」

アロマテラピー+カウンセリングと自然療法の専門誌です。

建築会社とは無縁のようなこの雑誌ですが、

今回ご紹介するのは、訳がありまして・・・

マツイが増築工事を手掛けた施設が掲載されているのです。

増築工事のブログ記事は → こちら

赤丸印の写真部分がちょうど増築された場所 ↓

少しでもかかわった場所が掲載されているのはうれしいものです。

 

千葉県鎌ケ谷市にあるこちらの施設「リタジネン 森の学校」は、

自然派カフェ、自然療法サロン、リハビリ施設、

キッズダンススクールからなる複合施設です。

子供からお年寄りまでが世代を越えて触れ合い、

自然の中でひとときを過ごして頂ける憩いの場は、

「森の学校」の名前にちなんで昔懐かしい学校給食を再現した

「森の学校のおいしい給食」がいただけるカフェも人気です。

マツイの事務所からは車でおよそ30分ほど。

小学校の思い出がたくさん詰まった自然空間で

昔懐かしい学校給食を味わいに・・・

是非一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

カーポート設置

以前施工したカーポート・テラス屋根工事をご紹介します。

before

after

駐車場にカーポート設置、住居脇に物干し付きのテラス屋根を設置しました。

カーポートは、三協アルミの『マイリッシュ』

奥行き方向に勾配が付いたタイプです。

前下がりの屋根勾配は、室内からの眺望が配慮され、

正面からの雨風の吹き込みも軽減させるメリットがあるそうで、

住宅外観の水平ラインとも調和します。

カーポートの屋根材は熱線遮断FRP板。

繊維でプラスチックを強化した素材で、軽くて丈夫。

錆びない・腐らない・耐久性がいいなど多くの長所があるので、

スポーツ用品や身の回りのものから、

レーシングカー、飛行機、モーターボートに至るまで

幅広い用途に利用されている素材です。

 

カーポートの設置で車の出入りも楽々、

雨の日でも濡れずに乗り降りできます。

アースブラウンの屋根枠と支柱が外観に調和していますね。

 

S様邸Web内覧③

前回は、素敵な和室をご紹介しましたが、

その和室の間仕切り戸もおしゃれなんです。

和紙調樹脂シートの可動間仕切りです。

障子のようにも見えますが、和紙ではないので破れることもなく、

ガラスではないので割れるも心配もありません。

桟は樹脂シートに挟まれているので、埃もたまらず、

お手入れ簡単!

柔らかい光が漏れることで、

間仕切りを閉めてもお部屋が明るく、

洗練されたスタイルになりますね。

 

S様邸Web内覧②

S様邸Web内覧・・・第二弾

 

今回は、モダンな和室をご紹介。

建具の色調がLDKとはうって変わって、

優しい色合いに。

畳は、お施主様こだわりの縁なし半畳本畳を採用。

生産者の畳表証明書付きです。

畳の敷き方は、「市松敷き」

同じ種類の畳でも、敷き方で

目地の向きと光の反射によってまるで市松模様!

趣のある空間が演出できるんですね。

そして、写真では伝わらないのが残念ですが、

現在主流の建材畳とは足ざわりが全く違います。

適度な凹凸とやわらかい感触が心地よく、

いぐさの香りにも癒されるくつろぎの和室になりました。

 

本畳は、少し贅沢なイメージですが、

耐久性は建材畳の比ではなく、

実は長い目で見ると経済的に優れているんだそう。

マツイでは、畳の張替えも賜ります。

今ある和室に最適な畳のご提案をさせていただいております。

是非、ご相談ください。

 

完成見学会開催しました

6月24日(土)、江戸川区にて完成見学会を開催しました。

梅雨の晴れ間、当日は快晴!

お天気にも恵まれ、たくさんの方にご来場いただき

大盛況のうちに終えることができました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございます。

短い時間ながらも、皆様熱心に説明を聞いてくださるので、

社員の説明にも熱が入ります。

この完成見学会で、訪れた方の夢が

少しでも現実に近づきましたら幸いです。

 

 おまけ・・・見学会の準備をする担当の現場監督さん

対応の良さでお施主様から絶大な信頼を寄せられ、

反対に建築中はお施主様に大変お世話になったとか。

お施主様と現場監督が良い関係を築く事・・・

いい家づくりにはとっても大切なことかもしれませんね。

 

 

シェアハウス間もなく完成

杉並区で建築中のシェアハウス

木工事も順調に進み・・・

間もなく完成を迎えます。

女性専用シェアハウスということで、

お部屋には、かわいらしい柄のアクセントクロスが随所に!

狭い空間が暗い印象になりがちのお部屋ですが・・・

明るい柄で、気分もハッピーになりますよね♪

 

足場も外され、外観もお目見えしました。

工事も大詰め!もうひと頑張りです。

 

S様邸Web内覧会①

先日お施主様のご好意により、完成見学会を

開催させていただいた佐倉市S様邸、

お引き渡しも無事完了。

とっても素敵なお宅に仕上がりましたので、

こちらでご紹介していきたいと思います。

外観は、紺一色。

四隅に木目の化粧柱をあしらいました。

白い窓枠とシャッターが映えますね。

ウッドデッキに面する掃出し窓には当社自慢の

ブランドシャッターを採用。

その名の通り、ルーバーの角度を自在に調整して、

遮光・遮熱・採光・採風を効果的にコントロールできる優れもの。

節電にも貢献します。

 

玄関を入ると真っ先に見上げてしまう圧巻の吹抜け。

外観のアクセントにもなっている小窓から光が差し込みます。

キッチンは、ダークブラウンで統一。

硝子のペンダントライトが素敵すぎます。

キッチンの背面収納には、憧れの昇降機能付き吊戸棚。

ついつい開かずの扉になっていまいがちの吊戸棚ですが、

これなら収納力&使い勝手抜群です!

 

こちらのお宅では、洗面脱衣室とトイレにも

同様の昇降機能付き吊戸棚を採用。

すっきりした印象にも関わらず、収納力アップ!

色もダークブラウンで統一したことで、

さらにすっきりですね。

・・・つづく

神業!!

いつものように出勤した朝・・・

車を駐車しようとすると、びっくりな光景が!

先に駐車されていた軽ワゴン、

なんとブロック塀との隙間がわずか数センチ!

塀に沿って数センチの隙間をキープしたまま

まっすぐに駐車されています。

まさに神業!!

駐車が苦手なブログ担当、

尊敬の眼差しで思わず写真を撮ってしまいました。

そんなすばらしい駐車を披露したのは、

当社の腕利きのサッシ職人さん。

職人の腕もさることながら、

運転の技術もピカイチ!

これなら、どんな悪条件で狭い現場でも安心ですね。

そんな発見をした朝でした・・・。

 

S様邸外構完成!

S様邸外構工事が完成し、

これですべての工事が完了いたしました。

 

快晴のある日・・・お施主様のご好意により、

こちらの新築工事に係った事務員で外観廻りを見学・撮影させていただきました!

お施主様とお打合せを担当し、共に造り上げた事務員、

外構図を作図し、完成予想図をパースにしてご提案した事務員、

そして、その仕上がりを皆様に発信するブログ担当。

普段現場に出向くことはめったにないですが、

やはり少しでも自分たちがかかわった現場を目の当たりにすると感無量!

素敵な仕上がりに一同思わず「うわ~かっこいい!」と、

声をあげてしまいました。

 

駐車場前には、建物の外観にも映える白の伸縮門扉。

駐車場から玄関へのスロープ前には、

勾配に合わせた高さ違いのウッドフェンス。

 

玄関引戸とウッドフェンスに合わせた玄関門扉。

郵便ポストは、便利な宅配ボックス付きです。

メーカー違いのものも同じ質感と色合いに合わせたんだそう。

ポスト下にも、色を合わせた木目調のアクセントが粋ですね。

 

掃出し窓には、紺の外観にとっても映える白のブラインドシャッター。

当社で販売・施工する一押しの商品です。

夕涼みが似合いそうなウッドデッキもおしゃれで贅沢な空間になりました。

ウッドフェンスの間には、こんな素敵な照明が!

青空に映えるS様邸も素敵ですが、

夜、ライトアップされた様子もきっと素敵なんだろうな・・・

 

お施主様がみせた細部までのこだわりと、

それに答えた現場監督・施工者の

それぞれの思いが、こうやって一つの形に仕上がること・・・

以前社長が口にしていた

「我々がつくる建物は世界でただ一つの作品」

そんな言葉を思い出し、噛みしめながら現場を後にしたのでした。

 

こちらS様邸、お施主様にもご満足いただけたと自負しておりますが、

マツイにとってももちろん自信作!

この後、住宅雑誌撮影取材のご協力もいただき、

掲載する予定ですので、お楽しみに♪